ロゴ コイデン ミスタービルド
TOP 事業内容 会社案内 リンク お問い合わせ


第6回 これで解決Q&A
第5回 リフォーム工事の流れ
第4回 自己紹介とリフォームへの思い
第3回 リフォームのトラブル事例
第2回 納得のいくリフォームとは?
第1回 はじめに
 


納得のいくリフォームとは?


皆さんのお宅では、どんなリフォームをご希望ですか? 一口で「リフォーム」と言っても、実はさまざまな種類や規模が考えられます。

▼必要に迫られての修繕・修理

まず、家は建ててから年月が経てば古くなるし、傷みも出てきます。雨漏りや水漏れ、外壁のはがれや内装の汚れ、その他、お風呂や電気類の不具合が出てくることもあるでしょう。そんな必要にせまられての修理・修繕もリフォームです。

▼生活の変化に合わせて乗りフォーム
また、年月とともに生活にも変化が出てくることもあるのです。たとえばお子様が入学、就職、結婚によって家を離れたり、あるいは家族が増えることもあるでしょう。すると、家の使う勝手にも影響が出てきます。部屋をつないだり分けたり、あるいは増築したり。二世帯用に水廻りを分けるといった場合もあるでしょう。 近年では、玄関にスロープを付けたり、階段に手すりをつけたり、トイレのドアを引きドアにしたりと、バリアフリーにリフォームするお宅も増えています。

▼より暮らしやすくするためのリフォーム
さらに、急いで修繕するほどの必要はないけれど、潜在的な不満をお持ちの方も多いと思われます。 「日当たりが悪い」 「寒い」 「もっと収納スペースがあれば良いのに」 「部屋と廊下の段差がちょっと危ないなあ」

以上のようにリフォームにはさまざま理由が考えられ、もちろん同時にいくつもの理由が重なってしまうこともあります。
そのため、リフォームの規模もさまざま。わずか半日で終わってしまうこともあれば、数ヶ月を要する場合もあります。当然費用もピンからキリまであります。

1つだけどんなリフォームにも共通することがあるとすれば、それは、「リフォームは家族の快適、安全、安心のために行う」と言うことです。
まずは、皆さんのお宅で必要な(あるいは必要と言うほどでないけれど、こうだったらいいなという)リフォームを拾い出してみましょう。

@必ず直さなければならない箇所

A出来れば直したい箇所

そして、あわせて考えていただきたいのが、

B絶対に直したくないところ(残したいところ)です。

今住んでいる家にはそれぞれの家族の思い出にあふれています。 亡くなったお父さんが作ってくれた作り付けの本棚、柱に刻んだ背丈のしるし、こうした思い出があれば業者に相談してみたらいいでしょう。 そのまま残せない場合でも何か別の形に変えることが出来るかもしれません。

リフォームはどこに依頼すれば良いの?



▼より暮らしやすくするためのリフォーム

実際にリフォームをするとして、それではどこにお願いすれば良いのでしょう。家を建てたハウスメーカーや工務店に依頼するのが良いとお考えの方も多いと思います。もちろん、その家の設計から工事まで関ってきたわけですから、その家について1番知っているはずです。

しかし、実はリフォームの対応を得意としていないメーカーや会社も少なくありません。あるいは、リフォームを請け負っても結局は専門業者に「丸投げ」という会社もあるのです。

また、リフォームは、既にある建物をお客様の要望に合わせて行うので、そう言う意味では「技術と経験」、さらに「提案力や応用力」を必要とします。 さらにトイレが壊れた! 水が出ない! 電気が点かない! など、緊急性の高い工事には迅速に対応する「機動力」も求められます。

それでは、リフォームの会社はどうでしょう。 リフォームをする会社には二つの種類があると言えます。水道屋さんや内装屋さん、大工さんなどのそれぞれの分野の専門リフォーム会社と、小さなリフォームから大きなリフォームまでを扱う総合リフォーム会社です。

総合リフォーム会社は、請け負ったリフォームの内容に合わせ、社内あるいは外部の職人さんを使って工事をします。 そうすると、そうすると直接専門のところに頼んだほうが総合会社に頼むより費用が安いのではないかと思われがちですが、一概にそうとも言えません。 実は、工事の料金には、一般消費者へのエンドユーザー価格と、業者間の発注による業者価格とがあります。またリフォーム専門の会社は年間に何十もの仕事をメーカーに発注していますから、部材や設備などを安値で提供することも出来るのです。

「でも、業者はたくさんあるし、どこがいいのかわからない」とおっしゃる方の多いでしょう。確かにその通り。しかし非常に残念ですが、一部に問題やトラブルのある会社があるのも事実です。

そこでリフォーム会社を選ぶには次のポイントで選べば間違いないでしょう。

《信頼できる業者を選ぶ7つのポイント》

1、地元での評判(工事の評価)が良い   
地元での評判は一番の安心材料です。訪問販売中心のリフォーム会社にはそうではないところもあります。気をつけましょう。

2、工事実績がある   
リフォームは一件一件それぞれ違います。そのため豊富な事例を持っているところはそれなりのノウハウをもっています。

3、工事監督がいる(丸投げでない)   
リフォーム工事で大事なことは現場の施工管理です。全体をきちんと進行出来る工事監督がいれば間違いありません。

4、保証制度がある
施工中の破損事故、施工後の保証などをきちんと制度として取り入れている会社なら安心です。

5、スタッフが変わらない
リフォームについていつでも気軽に相談できるスタッフがいることも大切です。

6、リピート率が高い
お客様のリピート工事が多いということは、それだけ満足度が高い会社といえます。

7、地域密着の会社
何年にも亘ってお付き合いのできるのが地元密着の会社。近くでいつでも連絡のできるのは地域密着の会社だからこそです。

リフォームは、家の『治療』だと思ってください。痛いところ(壊れたところ)は治し、不快部分も改善するのがリフォームです。 つまり、リフォーム会社は『かかりつけのお医者さん』みたいなものです。 ちょっと不具合があればすぐに相談できる、 そんな「かかりつけのお医者さん」 = 「おかかえのリフォーム会社」を見つけることをお勧めします。
ミスタービルド小出
ミスタービルド中越   オーナー 横山 引文